2023.4.13

頭皮スッキリ!泥配合のクレンジングシャンプーで臭いもべたつきもオフ

ようやくコロナ前の日常を取り戻し、オフラインで人と会う機会が増えてきました。

ソーシャルディスタンスもなくなり、人と近距離で会話するときにふと気になる人の臭い。口臭や体臭、そして頭皮の臭い。汗をかく季節になると、きちんとシャンプーしたはずなのに、頭皮がべたつくなんてこともありますよね。

そんな頭皮の臭いやべたつきをスッキリさせてくれる「クレージュ シャンプー」を紹介します。

クレージュのシャンプーは泥(クレイ)成分配合で毛髪と頭皮ケアが同時にできるシャンプーです。メントール成分も配合でべたつきや臭いをケアしてスッキリしたい人や、頭皮環境を整えたい人を中心に高い人気が続いています。

今回の記事では、地肌ケアもできるクレージュのシャンプーの紹介や、頭皮ケアのシャンプー選びのポイントなどを解説していきます。

べたつく頭皮をスッキリさせたい人はぜひ参考にしてみてください!

頭皮シャンプーとは?

頭皮シャンプーとは、頭皮や毛穴に溜まりやすい汚れを吸着して頭皮をスッキリさせてくれるシャンプーで、クレンジングシャンプーやスカルプシャンプーとも言われています。

本来シャンプーは「毛髪や頭皮を洗浄すること」を目的としています。そして頭皮シャンプーは「頭皮の状態を健やかに保つこと」を目的として開発されたシャンプーです。

頭皮シャンプーで頭皮を健康的な状態に保つことで、皮脂のつまりや血行不良を防いでサラ艶な髪へと導いてくれます。

綺麗な髪を作るために、頭皮シャンプーで頭皮環境を整えておきましょう。

シャンプーの選び方

シャンプー選びの際に気を付けたい点は「洗浄力」と「保湿」です。

とはいえ、強すぎるシャンプーは毛髪や頭皮にとって負担となり、過剰な洗浄は頭皮トラブルの原因になるデメリットにも。皮脂量など頭皮の肌質や毛髪に合わせたシャンプー選びが将来の毛髪に良い影響を与えます。

また年齢とともに肌質に変化が出るように、髪にも変化が現れます。ずっと使っていたシャンプーが合わなくなることもあるので、年齢に合わせたシャンプーの見直しもしていきましょう。

アミノ酸系成分配合

洗浄成分はアミノ酸系がおすすめです。

〈アミノ酸系成分〉

  • ラウロイルグルタミン酸
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルグリシンK

アミノ酸系は毛髪や頭皮への刺激が弱く、洗浄力もマイルドです。強すぎる洗浄力を持つ洗浄成分は、毛髪や頭皮に必要な潤いまで洗い流してしまうため、基本的におすすめしません。

また、ベタイン系もアミノ酸系と同様に優しいタイプなのでOKです。

皮脂量が多く、アミノ酸系では頭皮がスッキリしない人は、アミノ酸系かベタイン系で皮脂吸着成分や毛穴洗浄効果の高い成分が配合されたものを選んでみてください。泥(クレイ)や炭酸、塩などがおすすめです。

保湿成分配合

頭皮シャンプーを選ぶ際は、保湿成分が配合されているかどうかもチェックしましょう。

〈保湿成分〉

  • BG
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • 加水分解ケラチン
  • 植物由来油脂

頭皮を健やかな状態に保つには、頭皮の潤いも大切です。洗浄後に保湿成分が入ったミストやオイルで頭皮を潤すのも良いですが、シャンプー自体に保湿成分が配合されたものの方が頭皮を守りながら洗浄できます。

とはいえ、シャンプーはあくまで洗浄が目的なので、セットで保湿効果の高いトリートメントを忘れずに行いましょう。

〈編集部おすすめ商品★ クレージュ トリートメントSN〉

ノンシリコン

シャンプーはノンシリコンタイプがおすすめです。

以前にノンシリコンシャンプーが流行った際に「シリコン=悪」というイメージが広まってしまったようですが、シリコンは悪ではありません。

ヘアオイルやミストのようなヘアセット商品の場合は、ときにはシリコンが配合されている方がハリツヤのある仕上がり感に整えることができます。シリコンは熱に強いのでドライヤーの熱から髪を保護する役割も担います。

しかし、シャンプーは毛髪や頭皮の汚れを落とすのが目的です。シリコンで表面に膜を作ってしまうと汚れが落ちにくくなってしまいます。とくに頭皮ケアをしたい場合にはノンシリコンのほうが良いでしょう。

頭皮に良い正しいシャンプーの仕方

どんなに毛髪や頭皮に良いシャンプーを見つけたとしても、洗い方を間違えれば効果は半減します。

美容室でしてもらうような完璧なシャンプーとはいかなくても、ちょっとのコツで洗髪レベルはアップします。ぜひ参考にしてみてください!

①髪を濡らす前に丁寧にブラッシング

髪が長い場合、一気に頭頂部からとくと絡まった髪がちぎれてしまうなど負担になるので、半分もしくは3分の1の部分から少しずつブラッシングしていきましょう。

②毛髪や頭皮をお湯で予洗い

毛髪や頭皮全体が完全に濡れるまでお湯で全体を流していきます。

軽い汚れやほこりなどはお湯だけで落とせます。お湯の温度は38℃程度の中温を心がけましょう。とくにカラーリング後の髪は熱に弱く、熱すぎるお湯での洗髪はカラーの退色の原因となってしまいます。

<こちらの記事もおすすめ★>

ヘアカラーが長持ちしない理由とおすすめの髪色別シャンプーを徹底解説

③シャンプーを頭皮全体に塗布

シャンプーを手の平にのばしてから、頭皮に馴染ませていきます。耳周り(耳の上や後ろ)や襟足、生え際は洗い残ししやすい箇所なので、意識して洗いましょう。

生え際、耳上、耳後ろ、首筋、後頭部からとそれぞれを始点に頭頂部を終点として洗います。指の動きを前後左右と変えるように動かしていくと洗い残しを防ぐことが出来ます。

④中温のお湯ですすぎ洗い

耳の上あたりやハチ部分など毛量が多い箇所は、すすぎ残ししやすいので念入りに流しましょう。シャンプー液のつけすぎも洗い残しのきっかけになるので、適量の使用を心がけてください。

整髪料をたくさん使っている人や皮脂汚れが強い人は1度のシャンプーでは汚れが完全に落ちずにスッキリしないことも。その場合は2回シャンプーをしましょう。泡立ちが極端に弱い場合は汚れが強いサインです。

シャンプーブラシで頭皮スッキリ感をアップ!

ネイルしている人や指に力が入りにくい人などにおすすめなのが、シャンプーブラシです。クレージュのシャンプーブラシは、哺乳瓶の先端に使われる柔らかいラバー素材を採用。頭皮に余計な負担をかけずに毛穴ケアをしっかりと行えます。

シャンプーブラシは円を描くように使うと髪が絡んでしまうので、前後左右と動かすように使うのがポイントです。

クレージュのシャンプーブラシは、楽天市場やYahooショッピングで購入できます。

頭皮のべたつきや臭いの原因とその予防策

整髪料やトリートメントが頭皮に付くと毛穴が詰まり、臭いやべたつきの原因になります。逆に洗浄のしすぎも乾燥や皮脂の過剰分泌を招き、フケやべたつきを引き起こします。

食べ物や生活習慣の見直しも大切です。動物性脂肪やジャンクフード中心の食生活や昼夜逆転の生活は皮脂バランスが乱れて、頭皮環境の悪化に繋がります。

適度で正しい頭皮シャンプーとバランスの良い食生活を意識してみましょう。SNSで話題になったクレージュの頭皮ケアアイテムを紹介!

クレージュのシャンプーやその他ヘアケアアイテムには、頭皮ケアに効果的な成分が豊富に配合されています。頭皮と毛髪のケアが同時にできる!とSNSで話題になったシャンプーを筆頭に、頭皮をスッキリと仕上げられるアイテムが揃っています。

<クレージュの姉妹ブランドでも頭皮ケアOK★ >

【頭皮ケアも出来ちゃう!】美容液成分配合の『プリュスオー』のシャンプー

【自宅でセルフヘッドスパ!】クレージュ シャンプー

クレージュのシャンプーはスッキリ爽快感のあるヘッドスパシャンプーです。

血管拡張作用のあるセンブリエキスと、清涼感のあるメントール成分が配合された泡で地肌をじんわりと温冷パックして、頭皮環境を整えることができます。

クレンジングシャンプーには毛髪や頭皮に優しいベタイン系やアミノ酸系成分を配合。さらに皮脂吸着効果のあるベントナイトも配合しています。

ベントナイトは泥成分のひとつで、皮膚に必要な角質細胞由来脂質はほとんど除去することなく、皮脂のみを吸着するという優れた働きをしてくれる成分です。

調香師監修のもとでブレンドされたアロマで、バスタイムを癒しの時間へと変えてくれます。香りは人気のSシリーズのフローラル&ムスクの香りなど3つから選べます。

【高濃度炭酸】クレージュ スパークリングスパシャンプー

スパークリングスパシャンプーは、8,000ppmの高濃度炭酸と泥成分配合の黒い弾力泡が特徴的なスペシャルケアアイテムです。

ココイルグルタミン酸NaやココイルメチルタウリンNaなどアミノ酸系成分を豊富に配合し、優しく頭皮を洗いあげます。さらに炭やカキタンニンといった消臭成分で気になる頭皮の臭いケアも出来ちゃいます。

香りは人気のSシリーズの他に、独特の香りが人気のフローラル&パチュリの香り(Rシリーズ)も選べます。

〈こちらの記事もおすすめ★〉

おすすめ!クレイ配合の炭酸シャンプー「もちもち泡」で極ツヤ髪へ!!

【集中ケア&ハイダメージ髪】クレージュ プレミアムリペアマスク&ヘッドスパマスク

プレミアムリペアマスクとヘッドスパマスクには、ベヘントリモニウムクロリドというダメージを受けたキューティクルを修復する成分を配合しています。

酷く傷んだ髪のスペシャルケアとしておすすめです。とくにヘッドスパマスクは、頭皮と毛髪の集中ケア効果に優れているので、頭皮をスッキリさせたい人に向いています。

香りはプレミアムリペアマスク、ヘッドスパマスクともに、クレージュで人気のSシリーズの香りを採用。優しいフローラル&ムスクの香りでストレスから解放してくれます。

クレンジングシャンプーの使用頻度と使うタイミング

クレンジングシャンプーは通常のシャンプーの代わりに使うものや、プレシャンプーとして通常のシャンプー前に使うものがあります。

クレージュのシャンプーは毎日使用してOKです。スパークリングスパシャンプーやプレミアムリペアマスクなどはシャンプーの代わりにスペシャル頭皮ケアとして、週に1〜2回程度使用します。

クレンジングシャンプーの使いすぎは頭皮環境の悪化に繋がるので、商品ごとの使用頻度や使い方は守って使いましょう。

【まとめ】頭皮をスッキリさせるには成分にこだわったシャンプー選びが大切!

汗や皮脂のべたつきや臭いが気になる季節。毎日シャンプーしているのに、頭皮がいまいちスッキリしない。

そんな人はシャンプーの成分にこだわってみましょう。皮脂や汚れを吸着してくれる泥(クレイ)や炭酸、塩などがおすすめです。

また過剰な洗髪や洗浄力の強いシャンプーは頭皮環境を悪化させてしまうことも。洗浄力の優しいアミノ酸系か、ベタイン系の成分配合のシャンプーを選ぶようにしましょう。週に1〜2回のスペシャルケアを取り入れるのも有効です。

頭皮や毛髪の状態が気になる人は、シャンプーの見直しを検討してみてください。

関連記事

Read more